木の根明く

  1. 【春の季語】木の根明く

    【春の季語=初春(2月)】木の根明く木のまわりの雪がいちはやく溶けて、円状に土があらわになること。「雪野」から「春野」へと移り変わっていく、その端緒ともいうべき現象である。…

  2. 木の根明く仔牛らに灯のひとつづつ 陽美保子【季語=木の根明く(春)】

    木の根明く仔牛らに灯のひとつづつ陽美保子季語は「木の根明く…

おすすめ記事

  1. 大氷柱折りドンペリを冷やしをり 木暮陶句郎【季語=氷柱(冬)】
  2. 【俳句公募のご案内】「十年目の今、東日本大震災句集 わたしの一句」【12月15日締切】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第37回】龍安寺と高野素十
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第118回】前北かおる
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第18回】谷岡健彦

Pickup記事

  1. してみむとてするなり我も日傘さす 種谷良二【季語=日傘(夏)】
  2. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#05】勉強の仕方
  3. 【#28】愛媛県の岩松と小野商店
  4. 【冬の季語】雪掻
  5. シゴハイ【第1回】平山雄一(音楽評論家)
PAGE TOP