杉原祐之

  1. たくさんのお尻の並ぶ汐干かな 杉原祐之【季語=汐干(春)】

    たくさんのお尻の並ぶ汐干かな杉原祐之職場で私はその時いなかったのだが、Ⅿさんが「サンケツだからちょっと1時間休み取って○○に行ってくる」と言って出て行ったけれど、あれは何だったんだろうと言う…

  2. 後輩のデートに出会ふ四月馬鹿 杉原祐之【季語=四月馬鹿(春)】

    後輩のデートに出会ふ四月馬鹿)杉原祐之職場結婚は珍しい話で…

  3. 雲の峰ぬつと東京駅の上 鈴木花蓑【季語=雲の峰(夏)】

    雲の峰ぬつと東京駅の上)鈴木花蓑)「ホトトギス」昭和5年1…

  4. いちまいの水田になりて暮れのこり 長谷川素逝【季語=水田(夏)】

    いちまいの水田になりて暮れのこり)長谷川素逝) 句集『歴日…

  5. ほととぎす孝君零君ききたまへ 京極杞陽【季語=時鳥(夏)】

    ほととぎす孝君零君ききたまへ)京極杞陽) 句集『但馬往』よ…

  6. 仔馬にも少し荷を付け時鳥 橋本鶏二【季語=時鳥(夏)】

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】シャワー
  2. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第7回】
  3. 【冬の季語】寒の内
  4. ここは敢て追はざる野菊皓かりき 飯島晴子【季語=野菊(秋)】
  5. 冬と云ふ口笛を吹くやうにフユ 川崎展宏【冬の季語=冬(冬)】

Pickup記事

  1. 海底に足跡のあるいい天気 『誹風柳多留』
  2. 夫婦は赤子があつてぼんやりと暮らす瓜を作つた 中塚一碧楼
  3. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#5
  4. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年10月分】
  5. 真っ黒な鳥が物言う文化の日 出口善子【季語=文化の日(秋)】
PAGE TOP