杉浦圭祐

  1. 他人とは自分のひとり残る雪 杉浦圭祐【季語=残る雪(春)】

    他人とは自分のひとり残る雪杉浦圭祐当地では雪解が進み、だんだんと「残雪」という感じになってきた。雪の中に含まれていたさまざまな異物が表面にあらわれ、少しずつ純色の冬が混色の春へと変化してゆく。もはや…

おすすめ記事

  1. 虚仮の世に虚仮のかほ寄せ初句会 飴山實【季語=初句会(新年)】
  2. 【春の季語】鳥の恋
  3. 野の落暉八方へ裂け 戰爭か 楠本憲吉
  4. いつの間に昼の月出て冬の空 内藤鳴雪【季語=冬の空(冬)】
  5. サイネリア待つといふこときらきらす 鎌倉佐弓【季語=サイネリア(春)】

Pickup記事

  1. 恋の刻急げ アリスの兎もぐもぐもぐ 中村憲子【季語=兎(冬)】
  2. 春天の塔上翼なき人等 野見山朱鳥【季語=春天(春)】
  3. 【春の季語】冴返る
  4. 【夏の季語】蝸牛
  5. 【夏の季語】海の家
PAGE TOP