1. 大風の春葱畠真直来よ 飯島晴子【季語=春葱(春)】

    大風の春葱畠真直来よ)飯島晴子『寒晴』は、一気に平易な句風になったという点でよく注目されるわけだが、私の魅力的に思うのは、季題が画面のより中心に移動し、より存在感を増しているところである。〈藤袴とも…

  2. 唐太の天ぞ垂れたり鰊群来 山口誓子【季語=鰊(春)】 

    唐太の天ぞ垂れたり鰊群来)(山口誓子山口誓子の第一句集『凍…

おすすめ記事

  1. 刈草高く積み軍艦が見えなくなる 鴻巣又四郎【季語=草刈(夏)】
  2. 【セクト・ポクリット読者限定】『神保町に銀漢亭があったころ』注文フォーム【送料無料】
  3. 横ざまに高き空より菊の虻 歌原蒼苔【季語=菊(秋)】
  4. 中年の恋のだんだら日覆かな 星野石雀【季語=日覆(夏)】
  5. 【連載】久留島元のオバケハイク【最終回】方相氏

Pickup記事

  1. 手袋に切符一人に戻りたる 浅川芳直【季語=手袋(冬)】
  2. 鳴きし亀誰も聞いてはをらざりし 後藤比奈夫【季語=亀鳴く(春)】
  3. 花言葉なき一生を水中花 杉阪大和【季語=水中花(夏)】
  4. 蟷螂にコップ被せて閉じ込むる 藤田哲史【季語=蟷螂(秋)】
  5. 犬の仔のすぐにおとなや草の花 広渡敬雄【季語=草の花(秋)】
PAGE TOP