松下カロ

  1. 泣きながら白鳥打てば雪がふる 松下カロ【季語=白鳥・雪(冬)】

    泣きながら白鳥打てば雪がふる)松下カロ(『白鳥句集』深夜叢書社 2016年7月)泣きながら打っているのは「白鳥」そのものであって、そうではない。打たれている白鳥に、人間の力ではどうすることもできない…

おすすめ記事

  1. よもに打薺もしどろもどろ哉 芭蕉【季語=薺打つ(新年)】
  2. 【冬の季語】八手咲く
  3. 夏痩せて瞳に塹壕をゑがき得ざる 三橋鷹女【季語=夏痩(夏)】
  4. 【連載】歳時記のトリセツ(2)/橋本喜夫さん
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第103回】中島三紀

Pickup記事

  1. コンビニの枇杷って輪郭だけ 原ゆき
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」プレ・バスケーズ
  3. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第5回】
  4. 山頂に流星触れたのだろうか 清家由香里【季語=流星(秋)】
  5. 氷に上る魚木に登る童かな 鷹羽狩行【季語=紅梅(春)】
PAGE TOP