1. いつせいに柱の燃ゆる都かな 三橋敏雄

    いつせいに柱の燃ゆる都かな三橋敏雄 12月最初のハイクノミカタである。早いもので今年も残り一ヶ月となった。師走は名前の通り、師が走り回るぐらい忙しい日が続き、あっという間に今年も終わるのであろう。ま…

  2. 冬深し柱の中の波の音 長谷川櫂【季語=冬深し(冬)】

    冬深し柱の中の波の音長谷川櫂(『古志』)初めて読んだのがい…

おすすめ記事

  1. 「月光」旅館/開けても開けてもドアがある 高柳重信
  2. きつかけはハンカチ借りしだけのこと 須佐薫子【季語=ハンカチ(夏)】
  3. 九十の恋かや白き曼珠沙華 文挾夫佐恵【季語=曼珠沙華(秋)】
  4. 【春の季語】雲雀
  5. ハイシノミカタ【#1】「蒼海」(堀本裕樹主宰)

Pickup記事

  1. バレンタインデー心に鍵の穴ひとつ 上田日差子【季語=バレンタインデー(春)】
  2. 【書評】小島健 第4句集『山河健在』(角川書店、2020年)
  3. 大揺れのもののおもてを蟻の道 千葉皓史【季語=蟻(夏)】
  4. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第6回】
  5. 水底に届かぬ雪の白さかな 蜂谷一人【季語=雪(冬)】
PAGE TOP