梅雨曇

  1. こすれあく蓋もガラスの梅雨曇 上田信治【季語=梅雨曇(夏)】

    こすれあく蓋もガラスの梅雨曇上田信治アメリカには〈梅雨〉が無い。日本を思いつつ今週も〈梅雨〉の句を。今週は〈梅雨曇〉。先週の〈梅雨〉の句とはまた違った味わいで魅力的。とても感覚の効いた句で、…

おすすめ記事

  1. 遠くより風来て夏の海となる 飯田龍太【季語=夏の海(夏)】
  2. 雀来て紅梅はまだこどもの木 成田千空【季語=紅梅(春)】
  3. 泥棒の恋や月より吊る洋燈 大屋達治【季語=月(秋)】
  4. 敷物のやうな犬ゐる海の家 岡田由季【季語=海の家(夏)】
  5. 極寒の寝るほかなくて寝鎮まる 西東三鬼【季語=極寒(冬)】

Pickup記事

  1. 老僧の忘れかけたる茸の城 小林衹郊【季語=茸(秋)】
  2. 目つぶりて春を耳嚙む処女同志 高篤三【季語=春(春)】
  3. 【春の季語】春雨
  4. 【書評】広渡敬雄『俳句で巡る日本の樹木50選』(本阿弥書店、2021年)
  5. 【秋の季語】十六夜
PAGE TOP