1. スバルしずかに梢を渡りつつありと、はろばろと美し古典力学 永田和宏

    スバルしずかに梢を渡りつつありと、はろばろと美し古典力学永田和宏『新・百人一首 近現代短歌ベスト100』(岡井隆ほか・文春新書)では、「美し」を「うつくし」と読んでいる。定型に合わせて「はし」と読ん…

おすすめ記事

  1. 暑き夜の惡魔が頤をはづしゐる 佐藤鬼房【季語=暑し(夏)】
  2. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第9回】
  3. 【秋の季語】松茸
  4. 【#37】『愛媛 文学の面影』三部作受賞と愛媛新聞の高橋正剛さん
  5. 手を敷いて我も腰掛く十三夜 中村若沙【季語=十三夜(秋)】

Pickup記事

  1. 秋鯖や上司罵るために酔ふ 草間時彦【季語=秋鯖(秋)】
  2. 【第1回】ポルトガル――北の村祭と人々/藤原暢子
  3. 鯛の眼の高慢主婦を黙らせる 殿村菟絲子
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第74回】木暮陶句郎
  5. 【秋の季語】赤い羽根
PAGE TOP