歩く

  1. 橋立も歩けば長し松落葉 高林蘇城【季語=松落葉(夏)】

    橋立も歩けば長し松落葉高林蘇城5月は若葉の季節である。季題の若葉とその傍題に、谷若葉、里若葉、若葉風、若葉雨がある。また、木の種類と組み合わせた、柿若葉、樫若葉、椎若葉、樟若葉がホトトギス歳時記に載…

  2. 夜の子の明日の水着を着てあるく 森賀まり【季語=水着(夏)】

    夜の子の明日の水着を着てあるく森賀まり2018年9月9日、…

  3. 銀座明るし針の踵で歩かねば 八木三日女

    銀座明るし針の踵で歩かねば八木三日女(『赤い地図』昭和38年)…

  4. たべ飽きてとんとん歩く鴉の子 高野素十【季語=鴉の子(夏)】

    たべ飽きてとんとん歩く鴉の子高野素十最初に断っておきますが…

  5. 運動会静かな廊下歩きをり 岡田由季【季語=運動会(秋)】

    運動会静かな廊下歩きをり)岡田由季絶妙な共感を呼ぶ句なのに…

  6. 厨房に貝があるくよ雛祭 秋元不死男【季語=雛祭(春)】

おすすめ記事

  1. 日蝕の鴉落ちこむ新樹かな 石田雨圃子【季語=新樹(夏)】
  2. 【夏の季語】黴(かび)/青黴 毛黴 麹黴 黴の宿 黴の香
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第108回】麻里伊
  4. 鴨が来て池が愉快となりしかな 坊城俊樹【季語=鴨来る(秋)】
  5. 【夏の季語】涼しさ

Pickup記事

  1. 薄氷の吹かれて端の重なれる 深見けん二【季語=薄氷(冬)】
  2. 【連載】新しい短歌をさがして【14】服部崇
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月29日配信分】
  4. 【新年の季語】俎始
  5. 春の夜のエプロンをとるしぐさ哉 小沢昭一【季語=春の夜(春)】
PAGE TOP