歩む

  1. しんしんと寒さがたのし歩みゆく 星野立子【季語=寒さ(冬)】

    しんしんと寒さがたのし歩みゆく星野立子「寒さ」という一般にネガティブに思えることさえも「たのし」としてしまうというところに、「生」を肯定するような姿勢が思われる。また、この「たのし」は、絶妙な措辞の…

おすすめ記事

  1. 鞦韆は漕ぐべし愛は奪ふべし 三橋鷹女【季語=鞦韆(春)】
  2. 紐の束を括るも紐や蚯蚓鳴く 澤好摩【季語=蚯蚓鳴く(秋)】
  3. 【冬の季語】暮早し
  4. 【春の季語】卒業
  5. 【書評】相子智恵 第1句集『呼応』(左右社、2021年)

Pickup記事

  1. 【#20】ミュンヘンの冬と初夏
  2. あつ雉子あつ人だちふ目が合うて 西野文代【季語=雉子(春)】
  3. 百合のある方と狐のゐる方と 小山玄紀
  4. 【春の季語】春分
  5. 【連載】歳時記のトリセツ(7)/大石雄鬼さん
PAGE TOP