殿村菟絲子

  1. 鯛の眼の高慢主婦を黙らせる 殿村菟絲子

    鯛の眼の高慢主婦を黙らせる殿村菟絲子(『路傍』昭和35年)「鯛」は魚を好んで食べる日本人が最上位にうまい魚としているがゆえに、天然物は押しも押されもせぬ高級魚。そしておもしろいことに、馴染みの深い魚…

おすすめ記事

  1. 炎ゆる 琥珀の/神の/掌の 襞/ひらけば/開く/歴史の 喪章 湊喬彦
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第34回】鎌倉と星野立子
  3. 【秋の季語】檸檬
  4. 【冬の季語】雪
  5. 春風にこぼれて赤し歯磨粉 正岡子規【季語=春風(春)】

Pickup記事

  1. コスモスを愛づゆとりとてなきゴルフ 大橋 晄【季語=コスモス(秋)】
  2. 老人になるまで育ち初あられ 遠山陽子【季語=初霰(冬)】
  3. 屋根替の屋根に鎌刺し餉へ下りぬ 大熊光汰【季語=屋根替(春)】
  4. 影ひとつくださいといふ雪女 恩田侑布子【季語=雪女(冬)】
  5. 【冬の季語】白鳥
PAGE TOP