毛皮

  1. 毛皮はぐ日中桜満開に 佐藤鬼房【季語=桜(春)】

    毛皮はぐ日中桜満開に佐藤鬼房日中に桜が満開になったという出来事には、ややファンタジックな印象がある。景はかなり鮮やか。満開の桜の中で毛皮を剥ぐ。剥がれる肉も時おり音を立てて、鮮明な赤なのだろう。…

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第17回】丹波市(旧氷上郡東芦田)と細見綾子
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第52回】大和田アルミ
  3. 橡の実のつぶて颪や豊前坊 杉田久女【季語=橡の実(秋)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第73回】芥ゆかり
  5. 【新年の季語】初句会

Pickup記事

  1. マフラーを巻いてやる少し絞めてやる 柴田佐知子【季語=マフラー(冬)】
  2. いちまいの水田になりて暮れのこり 長谷川素逝【季語=水田(夏)】
  3. 卒業の子らが机を洗ひ居る 山口草堂【季語=卒業(春)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第102回】小泉信一
  5. 水面に閉ぢ込められてゐる金魚 茅根知子【季語=金魚(夏)】
PAGE TOP