毛皮

  1. 毛皮はぐ日中桜満開に 佐藤鬼房【季語=桜(春)】

    毛皮はぐ日中桜満開に佐藤鬼房日中に桜が満開になったという出来事には、ややファンタジックな印象がある。景はかなり鮮やか。満開の桜の中で毛皮を剥ぐ。剥がれる肉も時おり音を立てて、鮮明な赤なのだろう。…

おすすめ記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【5月14日配信分】
  2. 火種棒まつ赤に焼けて感謝祭 陽美保子【季語=感謝祭(冬)】
  3. さくら餅たちまち人に戻りけり 渋川京子【季語=桜餅(春)】 
  4. 【新番組】ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第1回】
  5. ばばばかと書かれし壁の干菜かな   高濱虚子【季語=干菜(冬)】

Pickup記事

  1. アロハ来て息子の嫁を眺めをり 西村麒麟【季語=アロハ(夏)】
  2. 海苔あぶる手もとも袖も美しき 瀧井孝作【季語=海苔(春)】
  3. 【春の季語】白梅
  4. 【新年の季語】初夢
  5. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第2回】
PAGE TOP