永き日

  1. 【春の季語】永き日

    【春の季語=三春(2月〜4月)】永き日「日永」のこと。「永日」とも。【永き日(上五)】永き日のにはとり柵を越えにけり 芝不器男永き日や相触れし手は触れしまま 日野草城永き…

  2. 【春の季語】日永

    【春の季語=三春(2月〜4月)】日永晩冬には「日脚伸ぶ」という季語…

  3. 永き日や相触れし手は触れしまま 日野草城【季語=永き日(春)】

    永き日や相触れし手は触れしまま日野草城(『昨日の花』) 俳…

おすすめ記事

  1. COVID-19十一月の黒いくれよん 瀬戸正洋【冬の季語=十一月(冬)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第29回】広渡敬雄
  3. 月代は月となり灯は窓となる   竹下しづの女【季語=月(秋)】
  4. 【冬の季語】冴ゆ・冴え
  5. みかんいろのみかんらしくうずもれている 岡田幸生【季語=蜜柑(冬)】

Pickup記事

  1. どつさりと菊着せられて切腹す 仙田洋子【季語=菊(秋)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第5回】月野ぽぽな
  3. 【秋の季語】秋分
  4. 【春の季語】春の雨
  5. 内装がしばらく見えて昼の火事 岡野泰輔【季語=火事(冬)】
PAGE TOP