池田瑠那

  1. 花散るや金輪際のそこひまで 池田瑠那【季語=花散る(春)】

    花散るや金輪際のそこひまで池田瑠那映画やテレビの世界では間断なくタイムトラベルが行われている。もはや突飛な発想とは言い難い「あるある」な設定だ。そうした作品に出会うたび、過去に戻って自分に忠…

おすすめ記事

  1. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#8
  2. 【春の季語】蛇穴を出る
  3. 【冬の季語】蕪
  4. 名ばかりの垣雲雀野を隔てたり 橋閒石【季語=雲雀野(春)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第33回】葛城山と阿波野青畝

Pickup記事

  1. 一燈を消し名月に対しけり 林翔【季語=名月(秋)】
  2. 食欲の戻りてきたる子規忌かな 田中裕明【季語=子規忌(秋)】
  3. あたゝかに六日年越よき月夜 大場白水郎【季語=六日年越(新年)】
  4. 【新連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#1
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【7月2日配信分】
PAGE TOP