沈丁花

  1. 【春の季語】沈丁花

    【春の季語=三春(2月〜4月)】沈丁花「沈丁花」は、春先に香り高い花を咲かせる常緑の低木。「じんちょうげ」とも「ちんちょうげ」とも読むが、歳時記では前者が採用されていることが多い。歴史的仮名遣いでは…

  2. 深追いの恋はすまじき沈丁花 芳村うつぎ【季語=沈丁花(春)】

    深追いの恋はすまじき沈丁花芳村うつぎ 人は追いかけられると…

おすすめ記事

  1. 鵙の朝肋あはれにかき抱く 石田波郷【季語=鵙(秋)】
  2. 破門状書いて破れば時雨かな 詠み人知らず【季語=時雨(冬)】
  3. 除草機を押して出会うてまた別れ 越野孤舟【季語=除草機(夏)】
  4. 妹は滝の扉を恣 小山玄紀【季語=滝(夏)】
  5. 聞えない耳なら石榴ぶらさげよ 金原まさ子【季語=石榴(秋)】

Pickup記事

  1. 【春の季語】鰊
  2. 【春の季語】桜
  3. 鳥を見るただそれだけの超曜日 川合大祐
  4. 【冬の季語】風邪
  5. 卒業の歌コピー機を掠めたる 宮本佳世乃【季語=卒業(春)】
PAGE TOP