1. 告げざる愛地にこぼしつつ泉汲む 恩田侑布子【季語=泳ぐ(夏)】

    告げざる愛地にこぼしつつ泉汲む恩田侑布子(『夢洗ひ』) 想いを告げずに終わった恋は世にあまたあるだろう。手に掬った泉の水が溢れて地に零れてゆく。水は清らかなまま、地に還り、再び泉の水となるのだ。告げ…

  2. 愛されずして沖遠く泳ぐなり 藤田湘子【季語=泳ぐ(夏)】

    愛されずして沖遠く泳ぐなり藤田湘子(『途上』) 一緒に泳ぎ…

  3. あしかびの沖に御堂の潤み立つ しなだしん【季語=蘆牙(春)】

    あしかびの沖に御堂の潤み立つしなだしん「あしかび」は「蘆牙…

  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第29回】広渡敬雄

    俳句を愛する人達に乾杯!広渡敬雄(「沖」同人「塔の会」幹事)17年間の店歴…

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】探梅行
  2. 【新連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第1回】
  3. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【13】/久留島元(関西現代俳句協会青年部長)
  4. 【夏の季語】盛夏/夏旺ん 真夏
  5. うつくしき羽子板市や買はで過ぐ 高浜虚子【季語=羽子板市(冬)】

Pickup記事

  1. 【秋の季語】秋高し
  2. 金魚すくふ腕にゆらめく水明り 千原草之【季語=金魚(夏)】
  3. 茄子もぐ手また夕闇に現れし 吉岡禅寺洞【季語=茄子(秋)】
  4. 服脱ぎてサンタクロースになるところ 堀切克洋【季語=サンタクロース(冬)】
  5. 九月の教室蟬がじーんと別れにくる 穴井太【季語=九月(秋)】
PAGE TOP