注連の内

  1. 【新年の季語】注連の内

    【新年の季語(1月)】注連の内【ミニ解説】注連飾りを飾っておく期間。関東では七日まで、関西では十五日まで。【注連の内(上五)】注連の内狂士の蒲団被くあり 尾崎紅葉【注連の内(…

おすすめ記事

  1. 新蕎麦のそば湯を棒のごとく注ぎ 鷹羽狩行【季語=新蕎麦(秋)】
  2. 【冬の季語】鼻水
  3. 古池やにとんだ蛙で蜘蛛るTELかな 加藤郁乎
  4. 馬鈴薯の一生分が土の上 西村麒麟【季語=馬鈴薯(秋)】
  5. 松風や俎に置く落霜紅 森澄雄【季語=落霜紅(秋)】

Pickup記事

  1. 【春の季語】バレンタインの日(バレンタインデー)
  2. 椿咲くたびに逢いたくなっちゃだめ 池田澄子【季語=椿(春)】
  3. またわたし、またわたしだ、と雀たち 柳本々々
  4. 薄氷の筥の中なる逢瀬かな 大木孝子【季語=薄氷(春)】
  5. 【夏の季語】夏の月
PAGE TOP