浅春

  1. 浅春の岸辺は龍の匂ひせる 対中いずみ【季語=亀浅春(春)】

    浅春の岸辺は龍の匂ひせる対中いずみ))暦の上では春と言いながらまだまだ空気は冷たい。けれども、空の色や、木々に差す日の光り具合や、足下の芽吹きに春の兆しを見出すのが今頃。そんな時期の岸辺に龍…

おすすめ記事

  1. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#05】勉強の仕方
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第109回】川嶋ぱんだ
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第15回】屋内修一
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【7月2日配信分】
  5. 【春の季語】春塵

Pickup記事

  1. かいつぶり離ればなれはいい関係 山﨑十生【季語=鳰(冬)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第94回】檜山哲彦
  3. 【冬の季語】セーター
  4. 蛇を知らぬ天才とゐて風の中 鈴木六林男【季語=蛇(夏)】
  5. オルゴールめく牧舎にも聖夜の灯 鷹羽狩行【季語=聖夜(冬)】
PAGE TOP