海外詠

  1. カルーセル一曲分の夏日陰  鳥井雪【季語=夏日陰(夏)】

    カルーセル一曲分の夏日陰鳥井雪以前この連載で、戦前のハワイの自由律〈コーヒー沸く香りの朝はハットハウスの青さで/古屋翠渓〉を紹介しつつ、異国の風土を俳句にするのがどれだけ難しいかといった話を書いた。…

  2. 【書評】中原道夫 第13句集『彷徨』(ふらんす堂、2019年)

    業(カルマ)を流すための旅へ――中原道夫 第13句集『彷徨』(ふらんす堂、2019年)…

  3. 浄土からアンコールワットへ大西日 佐藤文子【季語=西日(夏)】

    浄土からアンコールワットへ大西日佐藤文子孫悟空一行は天竺(…

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP