ハイクノミカタ

浄土からアンコールワットへ大西日 佐藤文子【季語=西日(夏)】

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

浄土からアンコールワットへ大西日

佐藤文子


孫悟空一行は天竺(インド)へ行こうと西に向かったが、たしかにカンボジアからも、まっすぐ西に海を越えるとインドがある。掲句は、季語の大西日の「西」という方角を「浄土」につなげたところがミソで、しかも「浄土」「アンコールワット」「大西日」と大きなもの三つを、ただ助詞(「から」「へ」)でつなげただけなのも、見事。「俳句界」2019年7月号。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 虎の尾を一本持つて恋人来 小林貴子【季語=虎尾草(夏)】
  2. 露地裏を夜汽車と思ふ金魚かな 攝津幸彦【季語=金魚(夏)】
  3. 肩につく影こそばゆし浜日傘 仙田洋子【季語=浜日傘(夏)】
  4. 耳立てて林檎の兎沈めおり 対馬康子【季語=林檎(秋)】
  5. たくさんのお尻の並ぶ汐干かな 杉原祐之【季語=汐干(春)】
  6. あめつちや林檎の芯に蜜充たし 武田伸一【季語=林檎(秋)】
  7. 鳥を見るただそれだけの超曜日 川合大祐
  8. 水道水細し残暑の体育館 野澤みのり【季語=残暑(秋)】

おすすめ記事

  1. 薫風や今メンバー紹介のとこ 佐藤智子【季語=薫風(夏)】
  2. 【第1回】ポルトガル――北の村祭と人々/藤原暢子
  3. 【夏の季語】氷菓/アイスクリーム ソフトクリーム アイスキャンデー 氷菓子
  4. 秋櫻子の足あと【第2回】谷岡健彦
  5. ばか、はしら、かき、はまぐりや春の雪 久保田万太郎【季語=春の雪(春)】
  6. 【秋の季語】九月
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第123回】大住光汪
  8. 【#14】「流れ」について
  9. 鶴の来るために大空あけて待つ 後藤比奈夫【季語=鶴来る(秋)】
  10. 白魚の命の透けて水動く 稲畑汀子【季語=白魚(春)】

Pickup記事

  1. ラベンダー添へたる妻の置手紙 内堀いっぽ【季語=ラベンダー(夏)】
  2. 怒濤聞くかたはら秋の蠅叩 飯島晴子【季語=秋(秋)】
  3. ゑんまさまきつといい子になりまする 西野文代【季語=閻魔詣(夏)】
  4. 水遊とはだんだんに濡れること 後藤比奈夫【季語=水遊(夏)】
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年2月分】
  6. 【春の季語】二月
  7. 春ショール靡きやすくて恋ごこち 檜紀代【季語=春ショール(春)】
  8. 呼吸するごとく雪降るヘルシンキ 細谷喨々【季語=雪(冬)】
  9. 【夏の季語】玉虫
  10. 【夏の季語】昼顔/浜昼顔
PAGE TOP