ハイクノミカタ

浄土からアンコールワットへ大西日 佐藤文子【季語=西日(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

浄土からアンコールワットへ大西日

佐藤文子


孫悟空一行は天竺(インド)へ行こうと西に向かったが、たしかにカンボジアからも、まっすぐ西に海を越えるとインドがある。掲句は、季語の大西日の「西」という方角を「浄土」につなげたところがミソで、しかも「浄土」「アンコールワット」「大西日」と大きなもの三つを、ただ助詞(「から」「へ」)でつなげただけなのも、見事。「俳句界」2019年7月号。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. でで虫の繰り出す肉に遅れをとる 飯島晴子【季語=でで虫(夏)】
  2. 行く春や鳥啼き魚の目は泪 芭蕉【季語=行く春(春)】
  3. 野分吾が鼻孔を出でて遊ぶかな 永田耕衣【季語=野分(秋)】
  4. 街坂に雁見て息をゆたかにす 福永耕二【季語=雁(秋)】
  5. 団栗の二つであふれ吾子の手は 今瀬剛一【季語=団栗(秋)】
  6. 盥にあり夜振のえもの尾をまげて   柏崎夢香【季語=夜振(…
  7. 年玉受く何も握れぬ手でありしが 髙柳克弘【季語=年玉(新年)】
  8. ひるすぎの小屋を壊せばみなすすき 安井浩司【季語=すすき(秋)】…

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP