ハイクノミカタ

浄土からアンコールワットへ大西日 佐藤文子【季語=西日(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

浄土からアンコールワットへ大西日

佐藤文子


孫悟空一行は天竺(インド)へ行こうと西に向かったが、たしかにカンボジアからも、まっすぐ西に海を越えるとインドがある。掲句は、季語の大西日の「西」という方角を「浄土」につなげたところがミソで、しかも「浄土」「アンコールワット」「大西日」と大きなもの三つを、ただ助詞(「から」「へ」)でつなげただけなのも、見事。「俳句界」2019年7月号。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 雛飾りつゝふと命惜しきかな 星野立子【季語=雛飾る(春)】
  2. 雛納めせし日人形持ち歩く 千原草之【季語=雛納(春)】
  3. 一番に押す停車釦天の川 こしのゆみこ【季語=天の川 (秋)】
  4. COVID-19十一月の黒いくれよん 瀬戸正洋【冬の季語=十一月…
  5. 藍を着古し/棚田の/父祖の/翳となる 上田玄
  6. 木琴のきこゆる風も罌粟畠 岩田潔【季語=罌粟(夏)】
  7. 海女ひとり潜づく山浦雲の峰 井本農一【季語=雲の峰(夏)】
  8. どつさりと菊着せられて切腹す 仙田洋子【季語=菊(秋)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP