ハイクノミカタ

浄土からアンコールワットへ大西日 佐藤文子【季語=西日(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

浄土からアンコールワットへ大西日

佐藤文子


孫悟空一行は天竺(インド)へ行こうと西に向かったが、たしかにカンボジアからも、まっすぐ西に海を越えるとインドがある。掲句は、季語の大西日の「西」という方角を「浄土」につなげたところがミソで、しかも「浄土」「アンコールワット」「大西日」と大きなもの三つを、ただ助詞(「から」「へ」)でつなげただけなのも、見事。「俳句界」2019年7月号。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 棕梠の葉に高き雨垂れ青峰忌 秋元不死男【季語=青峰忌(夏)】
  2. 特定のできぬ遺体や春の泥 高橋咲【季語=春の泥(春)】
  3. 琴墜ちてくる秋天をくらりくらり 金原まさ子【季語=秋天(秋)】
  4. 少女期は何かたべ萩を素通りに 富安風生【季語=萩(秋)】
  5. 人悼む時のみぞおち青嵐 藤井あかり【季語=青嵐(夏)】
  6. 雛納めせし日人形持ち歩く 千原草之【季語=雛納(春)】
  7. ビーフストロガノフと言へた爽やかに 守屋明俊【季語=爽やか(秋)…
  8. 付喪神いま立ちかへる液雨かな 秦夕美【季語=液雨(冬)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP