渓蓀

  1. 叩頭すあやめあざやかなる方へ 飯島晴子【季語=あやめ(夏)】

    叩頭すあやめあざやかなる方へ)飯島晴子 掲句の収められている『春の蔵』には〈献身やあやめをざつと見渡して〉という句もあるが、比べるとどうだろうか。 まず、上五の「叩頭」と「献身」。「献身」の…

おすすめ記事

  1. 【新年の季語】元日
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第20回】遠賀川と野見山朱鳥
  3. わが恋人涼しチョークの粉がこぼれ 友岡子郷【季語=涼し(夏)】
  4. 五月雨や掃けば飛びたつ畳の蛾 村上鞆彦【季語=五月雨(夏)】
  5. 【夏の季語】涼しさ

Pickup記事

  1. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#6
  2. 寒夕焼に焼き亡ぼさん癌の身は 成田千空【季語=寒夕焼(冬)】
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月15日配信分】
  4. 【春の季語】月朧
  5. 象潟や蕎麦にたつぷり菊の花 守屋明俊【季語=菊(秋)】
PAGE TOP