渡辺白泉

  1. 鶏たちにカンナは見えぬかもしれぬ 渡辺白泉【季語=カンナ(秋)】

    鶏たちにカンナは見えぬかもしれぬ  渡辺白泉 日本でユクスキュルの代表的著作『生物から見た世界』が翻訳紹介されたのは、1942年のこと。この白泉の有名句は1935年の作だが、きわめてユクスキュル的発…

おすすめ記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」ルバーブ
  2. 【冬の季語】逝く年(行く年)
  3. あたたかき十一月もすみにけり 中村草田男【季語=冬の空(冬)】
  4. 妻のみ恋し紅き蟹などを歎かめや 中村草田男【季語=蟹(夏)】
  5. いつまでも死なぬ金魚と思ひしが 西村麒麟【季語=金魚(夏)】

Pickup記事

  1. 【秋の季語】椎茸
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第106回】後藤章
  3. 紐の束を括るも紐や蚯蚓鳴く 澤好摩【季語=蚯蚓鳴く(秋)】
  4. 馬の背中は喪失的にうつくしい作文だった。 石松佳
  5. 春を待つこころに鳥がゐて動く 八田木枯【季語=春を待つ(冬)】
PAGE TOP