澤田亀吉

  1. 澤龜の萬歳見せう御國ぶり 正岡子規【季語=萬歳(新年)】

    澤龜の萬歳見せう御國ぶり正岡子規(『季語別 子規俳句集』)近世の正月の芸能の一つであった万歳は、現在の漫才の祖型になるのだという。そうは言われても、正直なところ万歳がどういうものなのか、よくわからな…

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】滝
  2. ラヂオさへ黙せり寒の曇り日を 日野草城【季語=寒(冬)】
  3. 大年やおのづからなる梁響 芝不器男【季語=大年(冬)】
  4. 砂浜の無数の笑窪鳥交る 鍵和田秞子【季語=鳥交る(春)】 
  5. 【夏の季語】ソーダ水

Pickup記事

  1. 野分吾が鼻孔を出でて遊ぶかな 永田耕衣【季語=野分(秋)】
  2. 見てゐたる春のともしびゆらぎけり 池内たけし【季語=春灯(春)】
  3. 行く春や鳥啼き魚の目は泪 芭蕉【季語=行く春(春)】
  4. 雨聴いて一つ灯に寄る今宵かな 村上鬼城【季語=無月(秋)?】
  5. 葛の花来るなと言つたではないか 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】
PAGE TOP