濁り酒

  1. 雨だれを聴きて信濃の濁り酒 德田千鶴子【季語=濁り酒(秋)】

    雨だれを聴きて信濃の濁り酒德田千鶴子さて、どうも肩に力が入った文章になりがちだが、もともとの性格によるものだから、どうしようもない。この短期連載のうちに少しでもコツをつかみたいところ。「雨だれ」のよ…

おすすめ記事

  1. 東京の白き夜空や夏の果 清水右子【季語=夏の果(夏)】
  2. 一匹の芋虫にぎやかにすすむ 月野ぽぽな【季語=芋虫(秋)】
  3. 謝肉祭の仮面の奥にひすいの眼 石原八束【季語=謝肉祭(春)】
  4. 松本実穂 第一歌集『黒い光』(角川書店、2020年)
  5. 【連載】歳時記のトリセツ(12)/高山れおなさん

Pickup記事

  1. 美しき時雨の虹に人を待つ 森田愛子【季語=時雨(冬)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第37回】朽木直
  3. 【冬の季語】冬の水
  4. 南海多感に物象定か獺祭忌 中村草田男【季語=獺祭忌(秋)】
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年7月分】
PAGE TOP