熊穴に入る

  1. 【冬の季語】熊

    【冬の季語=三冬(11月〜1月)】熊なぜ熊は冬に姿を見せないのに冬の季語なのでしょうか。熊が最も出没するのは秋季ですから、素直に考えると秋の季語となります。同じ疑問はいくつかの歳時記でも指摘されていますが、ここでは…

  2. 【冬の季語】熊穴に入る

    【冬の季語=仲冬(12月)】熊穴に入る「熊」が「冬眠」のため穴に入ること。…

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】十六夜
  2. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第7回
  3. 許したい許したい真っ青な毛糸 神野紗希【季語=毛糸(冬)】
  4. 秋の日の音楽室に水の層 安西篤【季語=秋の日(秋)】
  5. さざなみのかがやけるとき鳥の恋 北川美美【季語=鳥の恋(春)】

Pickup記事

  1. 【春の季語】春の雪
  2. 一瞬の雪墜のひかり地にとどく 真島楓葉子【季語=雪墜(冬)】
  3. 氷に上る魚木に登る童かな 鷹羽狩行【季語=紅梅(春)】
  4. 退帆のディンギー跳ねぬ春の虹 根岸哲也【季語=春の虹(春)】
  5. 秋思かがやくストローを嚙みながら 小川楓子【季語=秋思(秋)】
PAGE TOP