狐火

  1. 狐火にせめてををしき文字書かん 飯島晴子【季語=狐火(冬)】

    狐火にせめてををしき文字書かん)飯島晴子 私が想像するのは、狐火吟行である。しっかりとは見えない暗い手元で、力強くメモをしていくところを思う。私はどうも掲句のような「に」があると、どこかものとものが…

  2. 【冬の季語】狐

    【冬の季語=三冬(11月〜1月)】狐【ミニ解説】古来、日本で「狐」といえば…

  3. 【新連載】久留島元のオバケハイク【第1回】「龍灯」

    五月雨や龍灯揚る番太郎桃青(芭蕉、六百番発句合)五月雨を海と見立て…

おすすめ記事

  1. 鯛の眼の高慢主婦を黙らせる 殿村菟絲子
  2. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(4)
  3. 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】
  4. 立ち枯れてあれはひまはりの魂魄 照屋眞理子
  5. 【冬の季語】神無月/かみなづき 神去月 神在月 時雨月 初霜月

Pickup記事

  1. 【冬の季語】冬帽子
  2. 丹田に力を入れて浮いて来い 飯島晴子【季語=浮いて来い(夏)】
  3. 木犀や同棲二年目の畳 髙柳克弘【季語=木犀(秋)】
  4. 呪ふ人は好きな人なり紅芙蓉 長谷川かな女【季語=芙蓉(秋)】
  5. さしあたり坐つてゐるか鵆見て 飯島晴子【季語=鵆(冬)】 
PAGE TOP