相触れる

  1. 永き日や相触れし手は触れしまま 日野草城【季語=永き日(春)】

    永き日や相触れし手は触れしまま日野草城(『昨日の花』) 俳句界にミヤコホテル論争を巻き起こした妄想初夜の連作の一句。1934年(昭和9年)日野草城は、「ミヤコ ホテル」と題して『俳句研究』(改造社)…

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】虹
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第104回】坂崎重盛
  3. 遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子【無季】
  4. 【夏の季語】草ロール
  5. 牛乳の膜すくふ節季の金返らず 小野田兼子【季語=節季(冬)】

Pickup記事

  1. トローチのすつと消えすつと冬の滝 中嶋憲武【季語=冬の滝(冬)】
  2. 【特別寄稿】これまで、これから ーいわき復興支援の10年ー山崎祐子
  3. 本の山くづれて遠き海に鮫 小澤實【季語=鮫(冬)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第16回】仲野麻紀
  5. 菜の花や月は東に日は西に 与謝蕪村【季語=菜の花(春)】
PAGE TOP