真昼

  1. 冬真昼わが影不意に生れたり 桂信子【季語=冬の昼(冬)】

    冬真昼わが影不意に生れたり桂信子(「草苑」2004年12月号)桂信子は、2004年12月16日逝去。主宰誌の「草苑」同年12月号に掲載された9句が最後の発表句ということになるのだろうか。掲句は、その…

  2. 凌霄は妻恋ふ真昼のシャンデリヤ 中村草田男【季語=凌霄(夏)】

    凌霄は妻恋ふ真昼のシャンデリヤ中村草田男草田男40代の作(…

おすすめ記事

  1. 梅漬けてあかき妻の手夜は愛す 能村登四郎【季語=梅漬ける(夏)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第58回】守屋明俊
  3. 運動会静かな廊下歩きをり 岡田由季【季語=運動会(秋)】
  4. 【#20】ミュンヘンの冬と初夏
  5. 「けふの難読俳句」【第5回】「蹇」

Pickup記事

  1. 紀元前二〇二年の虞美人草 水津達大【季語=虞美人草(春)】
  2. 春天の塔上翼なき人等 野見山朱鳥【季語=春天(春)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第84回】飯田冬眞
  4. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第5回】
  5. 消すまじき育つるまじき火は埋む 京極杞陽【季語=埋火(冬)】
PAGE TOP