神保町

  1. 蜆汁神保町の灯が好きで 山崎祐子【季語=蜆汁(春)】

    蜆汁神保町の灯が好きで山崎祐子))東京都千代田区神田神保町は本の街だ。決して広くはない一画に大中小の出版社や書店が櫛比する。古書店街としては世界最大規模らしい。別の一画にはやはり大小のスポーツ用品店…

  2. ひざにゐて猫涅槃図に間に合はず 有馬朗人【季語=涅槃図(春)】

    ひざにゐて猫涅槃図に間に合はず)有馬朗人) 神保町には縁が…

おすすめ記事

  1. 後の月瑞穂の国の夜なりけり 村上鬼城【季語=後の月(秋)】
  2. 鞦韆は漕ぐべし愛は奪ふべし 三橋鷹女【季語=鞦韆(春)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第62回】山田真砂年
  4. その朝も虹とハモンド・オルガンで 正岡豊
  5. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年2月分】

Pickup記事

  1. 【夏の季語】涼しさ
  2. 森の秀は雲と睦めり花サビタ 林翔【季語=さびたの花(夏)】
  3. 夏痩せて瞳に塹壕をゑがき得ざる 三橋鷹女【季語=夏痩(夏)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第35回】松川洋酔
  5. 而して蕃茄の酸味口にあり 嶋田青峰【季語=トマト(夏)】
PAGE TOP