稲光

  1. 稻光 碎カレシモノ ヒシメキアイ 富澤赤黄男【季語=稲光(秋)】

    稻光 碎カレシモノ ヒシメキアイ)富澤赤黄男稲光という閃光のなかで砕かれ犇めき合うものは原始的な生命の有り様を思わせる。赤黄男の句は、何らかのイメージを受け取るが明確ではなく、果てしなく広がる思考の…

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第42回】黒岩徳将
  2. 淋しさに鹿も起ちたる馬酔木かな      山本梅史【季語=鹿(秋)】
  3. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年3月分】
  4. 命より一日大事冬日和 正木ゆう子【季語=冬日和(冬)】
  5. 帰るかな現金を白桃にして 原ゆき【季語=白桃(秋)】

Pickup記事

  1. 水鏡してあぢさゐのけふの色 上田五千石【季語=あぢさゐ(夏)】
  2. どこからが恋どこまでが冬の空 黛まどか【季語=冬の空(冬)】
  3. 【特別寄稿】これまで、これから ーいわき復興支援の10年ー山崎祐子
  4. 背広よりニットに移す赤い羽根 野中亮介【季語=赤い羽根(秋)】
  5. 【冬の季語】クリスマスケーキ
PAGE TOP