1. 窓眩し土を知らざるヒヤシンス 神野紗希【季語=ヒヤシンス(春)】 

    窓眩し土を知らざるヒヤシンス)神野紗希コロナ禍が始まった2020年の春、家の中にどんどん花が増えていった。式典などがキャンセルになった花屋応援のために切花を買い、狭いベランダでバーブも花も野菜も果樹…

  2. 鳥屋の窓四方に展けし花すゝき     丹治蕪人【季語=花すゝき(秋)】

    鳥屋の窓四方に展けし花すゝき丹治蕪人(たんじ・ぶじん))な…

  3. 月代は月となり灯は窓となる   竹下しづの女【季語=月(秋)】

    月代は月となり灯は窓となる竹下しづの女(たけした・しづのじょ))…

  4. 葉桜の夜へ手を出すための窓 加倉井秋を【季語=葉桜(夏)】

    葉桜の夜へ手を出すための窓)加倉井秋を)何をしていたのだろ…

  5. 九頭龍へ窓開け雛の塵払ふ 森田愛子【季語=雛(春)】

    九頭龍へ窓開け雛の塵払ふ森田愛子月末が週末にかかると、週明…

おすすめ記事

  1. 敬老の日のどの席に座らうか 吉田松籟【季語=敬老の日(秋)】
  2. 【秋の季語】迎鐘/六道参 精霊迎
  3. シゴハイ【第2回】青柳飛(会議通訳)
  4. 【第4回】ラジオ・ポクリット(ゲスト: 大西朋さん・白井飛露さん)
  5. 【句集を読む】標準と平凡のありか──小川軽舟 第5句集『朝晩』(ふらんす堂、2019年)

Pickup記事

  1. 薄氷の吹かれて端の重なれる 深見けん二【季語=薄氷(冬)】
  2. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#6
  3. 目薬に涼しく秋を知る日かな 内藤鳴雪【季語=秋(秋)】
  4. たが魂ぞほたるともならで秋の風 横井也有【季語=秋の風(秋)】
  5. 恋終りアスパラガスの青すぎる 神保千恵子【季語=アスパラガス(春)】
PAGE TOP