竹下陶子

  1. 去年今年詩累々とありにけり 竹下陶子【季語=去年今年(冬)】

    去年今年詩累々とありにけり)竹下陶子世の中に才能や技術の高い人は沢山存在する。それは近年はじまったことではないのだが、SNSの普及により明らかになったといえる。もし世の中にSNSが存在しなければ、才…

おすすめ記事

  1. 白衣とて胸に少しの香水を 坊城中子【季語=香水(夏)】
  2. 春の雪指の炎ゆるを誰に告げむ 河野多希女【季語=春の雪(春)】
  3. 雀蛤となるべきちぎりもぎりかな 河東碧梧桐【季語=雀蛤となる(秋)】
  4. 酒醸す色とは白や米その他 中井余花朗
  5. 悲鳴にも似たり夜食の食べこぼし 波多野爽波【季語=夜食(秋)】

Pickup記事

  1. 【#40】「山口誓子「汽罐車」連作の学術研究とモンタージュ映画」の続き
  2. 【秋の季語】蓑虫/鬼の子 蓑虫鳴く
  3. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第6回】
  4. 卓に組む十指もの言ふ夜の秋 岡本眸【季語=夜の秋(夏)】
  5. かくも濃き桜吹雪に覚えなし 飯島晴子【季語=桜吹雪(春)】
PAGE TOP