竹岡一郎

  1. こほろぎや女の髪の闇あたたか 竹岡一郎【季語=蟋蟀(秋)】

    こほろぎや女の髪の闇あたたか竹岡一郎(『蜂の巣マシンガン』)立冬を過ぎて最初の月曜日だが、東京は暖かい日が続いており、虫の音も復活し、関西では金木犀が匂っているとのこと。鈍感な私は、冬を納得出来ず、…

  2. 稲妻となつてお前を喜ばさう 竹岡一郎【季語=稲妻(秋)】

    稲妻となつてお前を喜ばさう竹岡一郎 英語やフランス語は、「…

おすすめ記事

  1. 蟭螟の羽ばたきに空うごきけり 岡田一実【季語=蟭螟(夏)】
  2. 【新年の季語】どんど焼
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【6月4日配信分】
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」桃のティアン
  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」わが家のオムライス

Pickup記事

  1. 【冬の季語】冬の川
  2. 非常口に緑の男いつも逃げ 田川飛旅子【季語=緑(夏)?】
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【4月2日配信分】
  4. 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】
  5. 【秋の季語】菊/菊の花 白菊 黄菊、大菊、小菊、初菊、厚物咲、懸崖菊、菊畑
PAGE TOP