笹木くろえ

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第87回】笹木くろえ

    窓と万華鏡笹木くろえ(「鏡」同人)東京に木枯らし一号が吹いた日、私はついに銀漢亭のあったところへ行った。なくなったのを見たくなくて、それまでぐずぐずしていたのだ。新しい店の白く塗られたウッドデッキは、よそよそしかっ…

おすすめ記事

  1. 【連載】新しい短歌をさがして【14】服部崇
  2. 鬼灯市雷門で落合うて 田中松陽子【季語=鬼灯市(夏)】
  3. 【秋の季語】萩/萩の花 白萩 紅萩 小萩 山萩 野萩 こぼれ萩 乱れ萩 括り萩 萩日和
  4. 【春の季語】旧正月
  5. キャベツに刃花嫁衣裳は一度きり 山田径子【季語=キャベツ(夏)】

Pickup記事

  1. 二人でかぶる風折烏帽子うぐひすとぶ 飯島晴子【季語=鶯(春)】
  2. 青空の暗きところが雲雀の血 高野ムツオ【季語=雲雀(春)】
  3. 山頂に流星触れたのだろうか 清家由香里【季語=流星(秋)】
  4. 【秋の季語】流星/流れ星 夜這星 星流る 星飛ぶ 星糞
  5. 松葉屋の女房の円髷や酉の市 久保田万太郎【季語=酉の市(冬)】
PAGE TOP