1. 虎の上に虎乗る春や筥いじり 永田耕衣【季語=春(春)】 

    虎の上に虎乗る春や筥いじり)(永田耕衣永田耕衣の俳句を読んでいると、なにか珍しい骨董品を見ているような感覚に陥ることがある。私は骨董品に詳しいわけでもないけれど、手にとっていろんな角度から、…

  2. 薄氷の筥の中なる逢瀬かな 大木孝子【季語=薄氷(春)】

    薄氷の筥(はこ)の中なる逢瀬かな大木孝子(『柞繭』) 梅の…

おすすめ記事

  1. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第4回
  2. 泥棒の恋や月より吊る洋燈 大屋達治【季語=月(秋)】
  3. 口中のくらきおもひの更衣 飯島晴子【季語=更衣(夏)】
  4. 彎曲し火傷し爆心地のマラソン 金子兜太
  5. 好きな樹の下を通ひて五月果つ 岡崎るり子【季語=五月果つ(夏)】

Pickup記事

  1. 【連載】歳時記のトリセツ(8)/池田澄子さん
  2. 言葉がわからないので笑うてわかれる露草咲いてゐる 種田山頭火【季語=露草(秋)】
  3. 一陣の温き風あり返り花 小松月尚【季語=返り花(冬)】
  4. 来よ来よと梅の月ヶ瀬より電話 田畑美穂女【季語=梅 (春)】
  5. めぐりあひやその虹七色七代まで 中村草田男【季語=虹(夏)】
PAGE TOP