1. うららかや帽子の入る丸い箱 茅根知子【季語=うららか(春)】

    うららかや帽子の入る丸い箱茅根知子))帽子を買った。やむにやまれず、である。行きつけの町内の美容院の人気が最近高まり、ひと月先まで予約が取れない。仕方がないので、予約状況ががら空きの…

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】海の家
  2. シゴハイ【第2回】青柳飛(会議通訳)
  3. 付喪神いま立ちかへる液雨かな 秦夕美【季語=液雨(冬)】
  4. 【秋の季語】秋風
  5. 狐火にせめてををしき文字書かん 飯島晴子【季語=狐火(冬)】

Pickup記事

  1. 行く春や鳥啼き魚の目は泪 芭蕉【季語=行く春(春)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第20回】遠賀川と野見山朱鳥
  3. 死なさじと肩つかまるゝ氷の下 寺田京子【季語=氷(冬)】
  4. 姦通よ夏木のそよぐ夕まぐれ 宇多喜代子【季語=夏木(夏)】
  5. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第6回】
PAGE TOP