1. 神保町に銀漢亭があったころ【第14回】辻村麻乃

    ほっとできる場所辻村麻乃(「篠」主宰)銀漢亭の噂は様々な俳人からお聞きしていましたが、行きたいと強く思ったのは伊藤伊那男さんから電車の中で声をかけられたのがきっかけです。その日は「玉藻」の主宰交代の祝賀会(…

おすすめ記事

  1. 夫婦は赤子があつてぼんやりと暮らす瓜を作つた 中塚一碧楼
  2. 青葉冷え出土の壺が山雨呼ぶ 河野南畦【季語=青葉冷(夏)】
  3. 【冬の季語】豆撒く
  4. 【夏の季語】小満
  5. すきとおるそこは太鼓をたたいてとおる 阿部完市

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第43回】 淋代海岸と山口青邨
  2. ひかり野へきみなら蝶に乗れるだろう 折笠美秋【季語=蝶(春)】
  3. さくらんぼ洗ひにゆきし灯がともり 千原草之【季語=さくらんぼ(夏)】
  4. 大風の春葱畠真直来よ 飯島晴子【季語=春葱(春)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第23回】松代展枝
PAGE TOP