1. 新綠を描くみどりをまぜてゐる 加倉井秋を【季語=新綠(夏)】

    新綠を描くみどりをまぜてゐる)加倉井秋を)秋をは相当な秀才だったようである。画家志望であったが、親から猛反対を受けてしまう。関東大震災で荒廃した街を復興させるという大義名分で東京美術学校の建築科に進…

  2. 美しき緑走れり夏料理 星野立子【季語=夏料理(夏)】

    美しき緑走れり夏料理星野立子(現代俳句協会編『昭和俳句作品年表』2014年…

  3. 非常口に緑の男いつも逃げ 田川飛旅子【季語=緑(夏)?】

    非常口に緑の男いつも逃げ田川飛旅子(『薄荷』1982年)人…

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】白鳥
  2. 秋の餅しろたへの肌ならべけり 室生犀星【季語=秋の餅(秋)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第94回】檜山哲彦
  4. 【投稿募集】アゴラ・ポクリット
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第34回】鎌倉と星野立子

Pickup記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月13日配信分】
  2. とれたてのアスパラガスのやうな彼 山田弘子【季語=アスパラガス(春)】
  3. 【秋の季語】秋桜
  4. 【冬の季語】小春
  5. 【書評】渡辺花穂 第一句集『夏衣』(北辰社、2020年)
PAGE TOP