耳かき

  1. 一瞬で耳かきを吸う掃除機を見てしまってからの長い夜 公木正

    一瞬で耳かきを吸う掃除機を見てしまってからの長い夜公木正「一瞬」と「長い夜」は対比的な時間のありようである。だが、この歌の時間の書かれかたはもう少しやわらかい。「一瞬」という短い、その出来事が凝縮さ…

おすすめ記事

  1. ビル、がく、ずれて、ゆくな、ん、てきれ、いき、れ なかはられいこ
  2. 【書評】佐怒賀正美 第7句集『無二』(ふらんす堂、2018年)
  3. 金色の種まき赤児がささやくよ  寺田京子【季語=種蒔(春)】 
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第112回】伊達浩之
  5. にはとりのかたちに春の日のひかり 西原天気【季語=春の日(春)】

Pickup記事

  1. 流氷は嘶きをもて迎ふべし 青山茂根【季語=流氷(春)】
  2. 【第6回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:阪西敦子・太田うさぎさん)【中編】
  3. 昼の虫手紙はみんな恋に似て 細川加賀【季語=昼の虫(秋)】
  4. 【春の季語】針供養
  5. 手袋に切符一人に戻りたる 浅川芳直【季語=手袋(冬)】
PAGE TOP