自分

  1. 他人とは自分のひとり残る雪 杉浦圭祐【季語=残る雪(春)】

    他人とは自分のひとり残る雪杉浦圭祐当地では雪解が進み、だんだんと「残雪」という感じになってきた。雪の中に含まれていたさまざまな異物が表面にあらわれ、少しずつ純色の冬が混色の春へと変化してゆく。もはや…

おすすめ記事

  1. 湖の水かたふけて田植かな 高井几董【季語=田植(夏)】
  2. 大揺れのもののおもてを蟻の道 千葉皓史【季語=蟻(夏)】
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」ガレット・デ・ロワ
  4. ほほゑみに肖てはるかなれ霜月の火事の中なるピアノ一臺 塚本邦雄
  5. 【秋の季語】末枯る

Pickup記事

  1. 【新年の季語】初厨
  2. 【冬の季語】凍蝶
  3. 絵葉書の消印は流氷の町 大串章【季語=流氷(春)】
  4. 東京の白き夜空や夏の果 清水右子【季語=夏の果(夏)】
  5. 【俳句公募のご案内】「十年目の今、東日本大震災句集 わたしの一句」【12月15日締切】
PAGE TOP