自転車

  1. 鹿の映れるまひるまのわが自転車旅行 飯島晴子【季語=鹿(秋)】

    鹿の映れるまひるまのわが自転車旅行)飯島晴子 鹿が映るということの実体がなんなのかは明らかではないが、私には、水面に鹿が映るようにも、風の中に鹿が浮かび上がるようにも、また高速で坂をくだる自転車の車…

  2. 自転車の片足大地春惜しむ 松下道臣【季語=春惜しむ(春)】

    自転車の片足大地春惜しむ松下道臣))自転車に乗れるようにな…

おすすめ記事

  1. 凌霄は妻恋ふ真昼のシャンデリヤ 中村草田男【季語=凌霄(夏)】
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年4月分】
  3. がんばるわなんて言うなよ草の花 坪内稔典【季語=草の花(秋)】
  4. 残る色明日にたゝみて花蓮 佐藤冨士男【季語=花蓮(夏)】
  5. きつかけはハンカチ借りしだけのこと 須佐薫子【季語=ハンカチ(夏)】

Pickup記事

  1. 仰向けに冬川流れ無一文 成田千空【季語=冬川(冬)】
  2. 「けふの難読俳句」【第3回】「象」
  3. 叱られて目をつぶる猫春隣 久保田万太郎【季語=春隣(冬)】
  4. 【春の季語】菜の花
  5. つちふるや自動音声あかるくて 神楽坂リンダ【季語=霾(春)】
PAGE TOP