芒原

  1. 目のなかに芒原あり森賀まり 田中裕明【季語=芒(秋)】

    目のなかに芒原あり森賀まり田中裕明(『夜の客人』) 作者の田中裕明は早世の天才である。17歳の頃より短詩を始め、18歳の時、同じく若き天才である島田牙城に誘われ波多野爽波主宰の「青」に入会。大学時代…

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第38回】 信濃・辰野と上田五千石
  2. 【新連載】久留島元のオバケハイク【第1回】「龍灯」
  3. 静臥ただ落葉降りつぐ音ばかり 成田千空【季語=落葉(冬)】
  4. 冬蟹に尿ればどつと裏返る 只野柯舟【季語=冬蟹(冬)】
  5. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#15

Pickup記事

  1. ネックレスかすかに金や花を仰ぐ 今井千鶴子【季語=花(春)】
  2. 許したい許したい真っ青な毛糸 神野紗希【季語=毛糸(冬)】
  3. 葡萄垂れとしよりの日のつどひ見ゆ 大野林火【季語=葡萄(秋)】
  4. 秋蝶の転校生のやうに来し 大牧広【季語=秋蝶(秋)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第12回】高千穂と種田山頭火
PAGE TOP