落葉焚

  1. てつぺんにまたすくひ足す落葉焚 藺草慶子【季語=落葉焚(冬)】

    てつぺんにまたすくひ足す落葉焚藺草慶子落葉焚は童謡の「たき火」の歌を思い出すせいか、どこかノスタルジーな気分にさせてくれる季語だ。私が小さい頃は、冬になると家の庭先や畑で落葉焚をしている煙が…

おすすめ記事

  1. いちまいの水田になりて暮れのこり 長谷川素逝【季語=水田(夏)】
  2. 霜夜子は泣く父母よりはるかなものを呼び 加藤楸邨【季語=霜夜(冬)】
  3. 【#38】山口誓子「汽罐車」連作の学術研究とモンタージュ映画
  4. サマーセーター前後不明を着こなしぬ 宇多喜代子【季語=サマーセーター(夏)】
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年4月分】

Pickup記事

  1. 大河内伝次郎西瓜をまつぷたつ 八木忠栄【季語=西瓜(秋)】
  2. シゴハイ【第1回】平山雄一(音楽評論家)
  3. 【秋の季語】芭蕉/芭蕉葉、芭蕉林
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年3月分】
  5. 【春の季語】旧正月
PAGE TOP