1. 藁の栓してみちのくの濁酒 山口青邨【季語=濁酒(秋)】

    藁の栓してみちのくの濁酒)山口青邨「濁り酒」とは米、米麹、水を発酵させ、醪を粗い布で濾したものである。またまったく醪を濾さないのが「どぶろく」。「濁り酒」は濾しているので酒税法では清酒に区分され、「…

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】蝙蝠
  2. 蓑虫の蓑脱いでゐる日曜日 涼野海音【季語=蓑虫(秋)】
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」ゼブラのガトー
  4. 結構違ふよ団栗の背くらべ 小林貴子【季語=団栗(秋)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第1回】武田禪次

Pickup記事

  1. バー温し年豆妻が撒きをらむ 河野閑子【季語=年豆(冬)】
  2. 【冬の季語】マフラー
  3. 【春の季語】惜春
  4. 死なさじと肩つかまるゝ氷の下 寺田京子【季語=氷(冬)】
  5. 雪掻きをしつつハヌカを寿ぎぬ 朗善千津【季語=雪掻(冬)】
PAGE TOP