藤森荘吉

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第118回】前北かおる

    閏の会前北かおる(「夏潮」会員)私は、藤森荘吉さんのお誘いで、銀漢亭にお邪魔するようになりました。荘吉さんは慶應の大先輩で、「夏潮」でもご一緒させていただいています。俳句教室のメンバーからお酒を飲みながら句…

  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第105回】藤森荘吉

    瓢箪から駒藤森荘吉(「ホトトギス」「花鳥」「夏潮」)《発端》:「お酒飲みな…

おすすめ記事

  1. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#2
  2. 【秋の季語】露草/月草 ほたる草 ばうし花
  3. 底冷えを閉じ込めてある飴細工 仲田陽子【季語=底冷(冬)】
  4. どこからが恋どこまでが冬の空 黛まどか【季語=冬の空(冬)】
  5. 【連載】新しい短歌をさがして【3】服部崇

Pickup記事

  1. 完璧なメドベージェワが洟を擤む 秋尾敏【季語=水洟(冬)】
  2. 鏡台や猟銃音の湖心より 藺草慶子【季語=猟(冬)】
  3. アカコアオコクロコ共通海鼠語圏  佐山哲郎【季語=海鼠(冬)】
  4. 花の幹に押しつけて居る喧嘩かな 田村木國【季語=花(春)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第91回】北大路翼
PAGE TOP