虚子

  1. ある年の子規忌の雨に虚子が立つ 岸本尚毅【季語=子規忌(秋)】

    ある年の子規忌の雨に虚子が立つ岸本尚毅虚子の心中を慮る句である。当たり前のことだが、私たちは虚子のようには子規のことを知り得ない。俳句史上の云々という以上の、親しい間柄としての虚子から子規に対する思…

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】良夜
  2. 利根川のふるきみなとの蓮かな 水原秋櫻子【季語=蓮(夏)】
  3. 「ワイシャツのアイロンがけをしてほしい」夫に言われた妻の衝撃 片岡絢
  4. 底冷えを閉じ込めてある飴細工 仲田陽子【季語=底冷(冬)】
  5. 【連載】俳人のホンダナ!#7 矢野玲奈

Pickup記事

  1. 【連載】新しい短歌をさがして【15】服部崇
  2. ラガーらの目に一瞬の空戻る 阪西敦子【季語=ラガー(冬)】
  3. 山茶花の弁流れ来る坂路かな 横光利一【季語=山茶花(冬)】
  4. 【冬の季語】枯芝
  5. 体内の水傾けてガラス切る 須藤徹【無季】
PAGE TOP