1. 炎ゆる 琥珀の/神の/掌の 襞/ひらけば/開く/歴史の 喪章 湊喬彦

     炎ゆる 琥珀の神の    掌(て)の 襞  ひらけば  開く    歴史の 喪章湊喬彦(風の花冠文庫『俳句詞華集 多行形式 百人一句』)あえて初出時の筆名を…

おすすめ記事

  1. 短日のかかるところにふとをりて 清崎敏郎【季語=短日(冬)】
  2. 【春の季語】永き日
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第50回】 黒部峡谷と福田蓼汀
  4. 空のいろ水のいろ蝦夷延胡索 斎藤信義【季語=蝦夷延胡索(夏)】
  5. 電車いままつしぐらなり桐の花 星野立子【季語=桐の花(夏)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第102回】小泉信一
  2. さうらしく見えてだんだん鴉の巣 大畑善昭【季語=鴉の巣(春)】
  3. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年1月分】
  4. 【冬の季語】聖樹
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年3月分】
PAGE TOP