角川俳句賞

  1. 花いばら髪ふれあひてめざめあふ 小池文子【季語=花いばら(夏)】

    花いばら髪ふれあひてめざめあふ小池文子(『木靴』)幼い頃は、姉と一緒に眠ることが多かった。三歳年上の姉は、色素の薄い細い髪をしており、頬に触れるとさらりとして気持ちが良かった。姉は姉で、漆黒で光沢の…

  2. 【第5回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:岡田由季さん)

    2021年10月で、セクト・ポクリットも1周年!ついにポッドキャスト(インターネッ…

おすすめ記事

  1. 美しきものに火種と蝶の息 宇佐美魚目【季語=蝶(春)】 
  2. 屋根替の屋根に鎌刺し餉へ下りぬ 大熊光汰【季語=屋根替(春)】
  3. 鏡台や猟銃音の湖心より 藺草慶子【季語=猟(冬)】
  4. 【連載】新しい短歌をさがして【4】服部崇
  5. 裸子の尻の青あざまてまてまて 小島健【季語=裸子(夏)】

Pickup記事

  1. 恋人はめんどうな人さくらんぼ 畑耕一【季語=さくらんぼ(夏)】
  2. 気が変りやすくて蕪畠にゐる 飯島晴子【季語=蕪(冬)】
  3. 来よ来よと梅の月ヶ瀬より電話 田畑美穂女【季語=梅 (春)】
  4. 1 名前:名無しさん@手と足をもいだ丸太にして返し  湊圭伍
  5. 春満月そは大いなる糖衣錠 金子敦【季語=春満月(春)】
PAGE TOP