語る

  1. 夾竹桃くらくなるまで語りけり 赤星水竹居【季語=夾竹桃(夏)】

    夾竹桃くらくなるまで語りけり赤星水竹居(あかほし・すいちくきょ)やれやれ、夏至が過ぎちゃって、その代わりのように解除された何某によって、少しは状況が変わるのかなと思いきや、そんなに何も変わらず、ただ…

おすすめ記事

  1. 生きものの影入るるたび泉哭く 飯島晴子【季語=泉(夏)】
  2. 人はみななにかにはげみ初桜 深見けん二【季語=初桜(春)】
  3. 【春の季語】朧月
  4. 【冬の季語】古暦
  5. 夫いつか踊子草に跪く 都築まとむ【季語=踊子草(夏)】

Pickup記事

  1. 付喪神いま立ちかへる液雨かな 秦夕美【季語=液雨(冬)】
  2. 日が照つて厩出し前の草のいろ 鷲谷七菜子【季語=厩出し(春)】
  3. 影ひとつくださいといふ雪女 恩田侑布子【季語=雪女(冬)】
  4. Tシャツに曰くバナナの共和国 太田うさぎ【季語=バナナ(夏)】
  5. 復興の遅れの更地春疾風  菊田島椿【季語=春疾風(春)】
PAGE TOP