1. 谺して山ほととぎすほしいまゝ 杉田久女【季語=ほととぎす(夏)】

    谺して山ほととぎすほしいまゝ杉田久女(『杉田久女句集』)言うまでもなく、この作者を代表する有名句の一つである。他の有名句同様にまつわるものの多い句で、英彦山で見た白蛇から霊感を受けて云々、というもの…

おすすめ記事

  1. 五つずつ配れば四つ余る梨 箱森裕美【季語=梨(秋)】
  2. 萩にふり芒にそそぐ雨とこそ 久保田万太郎【季語=萩・芒(秋)】
  3. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年8月分】
  4. 妻となる人五月の波に近づきぬ 田島健一【季語=五月(夏)】
  5. 大寒の一戸もかくれなき故郷 飯田龍太【季語=大寒(冬)】

Pickup記事

  1. にんじんサラダわたし奥様ぢやないぞ 小川楓子【季語=にんじん(冬)】
  2. 遠き屋根に日のあたる春惜しみけり 久保田万太郎【季語=春惜しむ(春)】
  3. 【夏の季語】コレラ/コレラ船
  4. 【冬の季語】一月
  5. 【冬の季語】短日
PAGE TOP